〒430-0802 静岡県浜松市東区将監町12-13 きくち内科クリニック

治療「運動療法」

  • TOP
  • 治療「運動療法」

運動療法について

運動不足や肥満によるインスリン抵抗性は糖尿病の大きな原因になっています。運動療法の効果には次のようなものがあります。

(1)エネルギーの利用が増え、インスリンが節約できる。

(2)血液の流れが改善し、血管合併症の予防になる。

(3)体カや気カの衰えを防ぐことができる。

(4)日常生活のリズムとなり、ストレス解消にもなる。

これらの効果は運動を続けることで現れます。
そこで、実際にどのような運動をするのがよいのでしようか?

運動の原則は

運動の原則は

・運動の程度は汗ばむ程度にすること。

・毎日規則的に、平均して一定量の運動を続けること。

・動的運動と静的運動を組み合わせて行うこと。


動的運動とは・・・歩く、走るといった体重の移動を伴う運動。
静的運動とは・・・体操やボディビルといった筋カを高める運動。

※注意事項
1.合併症があったり、血糖値が非常に高いときは運動をするとかえって悪化します。
運動の量や種類については主治医とよく相談しましよう。

2.軽い運動から少しずつ強い運動へ、無理せずマイペースで。

3.運動は食後1~2時間ぐらいで行うのが良いでしよう。
  もし無理な場合は主治医とよく相談して行う時間帯を決めましょう。

4.準備体操、整理体操を行いましょう。

5.風邪・下痢など体調の悪いときにはやめましよう。

6.疲れを翌日に残さない程度にしましょう。