〒430-0802 静岡県浜松市東区将監町12-13 きくち内科クリニック

治療「食事療法」

  • TOP
  • 治療「食事療法」

食事療法について

糖尿病の治療の基本は食事療法です。インスリンを注射している人でも、経口血糖降下剤を飲んでいる人でも必ず行わなくてはならないのは食事療法です。

糖尿病はインスリンの働きが不足して起こる病気ですから、インスリンを節約する必要があります。そこで食事療法でインスリンの必要量を増す最大の原因である過食と肥満を取り除き、インスリンの節約を図るのです。

具体的にはどういう食事をしたらいいのか・・・。「量を減らせばいいのかな?」「肉をやめて野菜ばっかり食べてればいい。」・・・いいえ、間違いです。

これから一緒に学びましよう。

食べる量を決めます

まず、あなたの標準体重を知ることが必要です

標準体重=身長(m)×身長(m)×22
1m65cmの人は、1.65×1.65×22=59.9kgになります

次に一日の総エネルギー量です。

総エネルギー量=標準体重×体重1kgあたり必要な熱量(男性30~35。女性25~30。)
この総エネルギー量はこの他に肥満度や職業などを医師が考慮して決定します。
あなたの総エネルギー量は(      )キロカロリーです。

栄養のバランスのとれた食事をする

糖尿病だからといって食べてはいけない食品はありません。

しかし、決められた総エネルギー量の中で糖質・蛋白質・脂質などのいろいろな栄養素をバランス良く配分した食事をとることが大切です。これには食品交換表を使うと便利です。

※食品交換表
私たちが日常食べている食品を、その含まれる栄養素別に6つの表に分類したものです。食品は1単位(80キロカロリー)ですべて表されています。同じ表の食品は単位数が同じならば交換して食べられます。

嗜好食品と外食

(1)アルコール

アルコールは1g=7キロカロリーです。アルコールは栄養がなく、カロリーだけがある・・・つまりどの食品とも交換できないことになります。アルコールの弊害は他にもあって・・・
  a.つまみを摂りすぎる事が多い。またつまみにはカロリーの多いものが多い。
  b.酔うと気が大きくなり、ついアルコールも食べ物も量を過ぎる。
  c.飲み過ぎは肝障害・慢性膵炎につながり、ますます血糖のコントロールを悪化させる。

(2)コーヒー・紅茶

砂糖もミルクも入れないで飲む場合、カロリーの計算は必要有りません。しかし、これらに含まれるカフェインは血液中の脂肪を増加させるので何杯も飲まないほうがいいでしよう。

(3)お菓子

甘いお菓子はもとより、煎餅やポテトチップなどカロリーの高いものが多く、アルコール同様どの食品とも交換できないため余分なカロリーになってしまいます。今までお菓子が好きでよく食べていた方はこれを機に控えて下さい。

(4)外食

外食類は味付けが濃いものが多く、脂質も多くなりがちです。煮物の調味料やサラダのドレッシングなどからどうしてもカロリーがオーバーしてしまいます。外食の機会が多い方や出来合いのおかずをよく利用する方はメニューの選び方などを栄養士と相談しましょう。

1.ゆっくりと時間をかけて食べましよう。

2.よくかんで食べましょう。(一口20回以上)

3.薄味にしましょう。

4.偏食はやめましょう。

5.野菜は充分にとりましょう。

6.規則正しい生活を心がけましょう。

7.他人と一緒に食事をするときは、自分だけ時々休み、一緒に食べ始め、一緒に食べ終わるようにしましょう。

8.台所以外には食べ物を置かないようにしましょう。また、調理しないですぐに食べられるものはできるだけ目の届くところには置かないようにしましょう。